月別アーカイブ: 2019年4月

科研費基盤Bに採択

東京電機大学 システムデザイン工学部 酒井元気准教授を代表とする「大学横断型統一実験プロトコルに基づくセンサ利活用の教育ビッグデータ収集」と題した研究提案が日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)に採択されました.

本年度から2022年度までの4カ年で,大学等の高等教育機関における講義における受講生の行動,生体情報,および環境情報のデータベースを構築します.これにより受講生の学習効果向上を目的としたコンテキストアウェアな学習システムの実現を狙います.