研究

モバイルHCI・行動認識

  • AHPに着想を得たゼロショット行動認識に関する研究(2017-)
  • 眼鏡型デバイスによる咀嚼状態認識(2016)
  • 手首全周型ディスプレイのための最適視認位置自動決定に関する研究(2015-)
  • 公共交通機関利用時の誤り乗車の推定に関する研究(2014-2016)
  • 歩行中の不安全な携帯端末利用状態の検出(2013-2016)
  • 安全点検支援のための指さし呼称動作の認識(2011-2013)
  • Sparse Representationと圧縮センシングによる個人依存性が低いジェスチャ認識(2013)

携帯デバイスの連続的な格納場所判定

  • アクティブラーニングによる格納場所判定機能の個人化(2016-2018)
  • 大規模なデータ収集を通じた判定性能の高度化(2015)
  • 機械学習のためのラベル付けデータ作成支援に関する研究(2015)
  • 携帯電話への着信通知方の格納場所に応じた変更(2011)
  • 格納場所による計測値の違いを意識した高信頼な熱中症警告計(2010-2013)
  • 格納場所を意識した高精度・高信頼な行動認識(2012-)
  • 格納場所判定技術とAndroid携帯電話への基盤ソフトウェアとしての実装(2007-2012)

参加型センシング

  • 参加型センシングによる運動推奨経路情報収集に関する研究(2014)
  • 歩行時の回避行動に着目した歩道の路面状態識別に関する研究(2014-2016)
  • 精度と消費電力を考慮したデータ収集手法(2012-2013)
  • TALESEA:Android端末用汎用IOモジュール(2012)
  • 高密度降雨センシングのための知的傘(2011)

プロジェクタベースインタフェース

タンジブルユーザインタフェース

  • 音響センシングを用いた任意平面の入力デバイス化に関する研究(2017-)
  • 連続した水平垂直面を用いた情報入出力に関する研究(2017-)
  • 形状変化デバイスを用いた垂直面インタラクションに関する研究(2017-)
  • 安定把持のための背面形状変化型スマートフォンに関する研究(2016)
  • タンジブルアバタによる緩やかなコミュニケーション実現(2016-)
  • 漏れ全反射方式(FTIR)を用いた接触形状取得方法に関する研究(2014-)
  • イルミネーションパターンの自由な設定を可能とする入力装置に関する研究(2014-2016)
  • 実世界と仮想世界を往来するペットロボットに関する研究(2015)

人の意思決定に影響を与えるインタフェース

既存の作業・行為の拡張とその基盤技術

  • 集団活動時の楽しい振り返りを支援する身体装着型カメラによる体験自動記録に関する研究(2015-)
  • ネイルアートにおける微小領域彩色支援(2013)
  • テーブルゲームにおける局面を考慮したコミュニケーション促進(2013)
  • 一般家庭における在庫の増減を考慮した冷蔵庫管理システム(2012)
  • 自転車安全運転支援システム (2010-2012)
  • 説得力のあるプレゼンテーション支援のための頭部および胴体方向の計測(2011)
  • 読書体験を豊かにするための基礎技術開発 (2007-2009)

日常物の拡張のための基盤技術